「タマサート大学マーケット」の初のオフラインイベント

イベント

こんばんは、うーるです。
日付が変わってしまいましたが、昨日10月31日はハロウィンとロイクラトンの日でしたね。
我が家はKビレッジのハロウィンイベントのあと、LHONG1919に行ってクラトンを流しました。

そしてその後もうひとつ立ち寄ったイベントがありまして、それがタマサート大学関係者による「タマサート大学マーケット」というイベントです。タイ人の友人が教えてくれました。

タマサート大学マーケットとは?

今回のイベント、タイ語では「ธรรมศาสตร์เเละการฝากร้าน ON GROUND」といいます。イベントページはこちら
このイベントができた経緯をタイ人の友人に聞きました。

新型コロナウイルスの影響で、タイでも多くの人が失業や給料カットに見舞われました。そこで4月7日、タマサート大学の大学生がFBで「タマサート大学マーケット」というグループを発足。
これはタマサート大学の学生と卒業生、そして先生といったタマサート大学関係者が食べ物やグッズなどを販売できるオンラインマーケットで、今や19万人もの参加者がいる非常に大きなグループとなっています。

このFBグループがスタートしたのはロックダウン真っ最中の時期。売上が激減して赤字に苦しむオーナーも、当時約10万人をかかえるこのグループで投稿すると売上が大幅にアップしました。中には5倍も売上が上がったお店もあったとか。
当時は外に出るのが難しかったため、食べ物は特によく売れたそうですよ。

このオンラインマーケットというムーブメントは数々のメディアに紹介されてさらに話題になり、タマサート大学に続いて他のさまざまな大学でも同じようにオンラインマーケットのFBグループができていったそうです。

そんなオンラインマーケットが、初めてオフラインで開催することに。それが今回のイベントです。

会場の場所

会場の場所は「Sermsuk Warehouse Pepsi Pier」。アイコンサイアムやペニンシュラがあるチャルンナコン通りにあります。BTSクルン・トンブリー駅から徒歩10分ほど。
地図はこちら。

会場の様子

私が着いたのは21時半くらいでしたが、大勢の人で賑わっていました!

今回は300店舗以上が出店しているそうです。
飲食店が多く、ご飯、軽食、デザート、ドリンク、おいしそうなものがいろいろ揃っています。確かグルメバーガー的なのもあったような。
私はここに来るまでに既にお腹いっぱいになってしまっていたのでドリンクだけ。

さとうきびジュース30バーツ。マナオ入りは40バーツ。

奥のほうには飲食スペースとステージがあります。
写真左奥に見えているのはシャングリラ。川を挟んでちょうど真向かいです。

雑貨ブース。

企業ブースかと思ったら生きてなかった(笑) 彼らは蝋人形です。

フラワーティー「Lue Cha」

飲食エリアの中で個人的に目を引いたのが、フラワーティーのお店「Lue Cha」。ブースNo.はA2-10です。

こちらのティーバッグは1個15バーツ。ミニローズとか菊花とかバタフライピーとか、いろいろありました。

こっちの大きいお花のは1つ20バーツ。

そして押し花クッキーかわいい!
これはmini afternoon tea set(100バーツ)の中に含まれているもので、そのセットにはクッキー5枚、1個15バーツのティーバッグが2個入っています。なので多分クッキー単品では買えないんじゃないかな。
このセットは自分へのお土産にしました。

オーナーの女性とも少しだけお話しました。
こちらのフラワーティーの材料はタイのものをメインに、中国やヨーロッパから仕入れているそう。
「実店舗を持つ予定はあるの?」と訊ねたら「今はフルタイムで働いてるので、FBの販売の他にこうしてお休みの日にイベントに出店するぐらいかな」と言ってました。
これちょっとしたギフトにすごく良いので、委託でもいいからどこかで取り扱い始まらないかな〜なんて密かに思っています。

イベント情報

ธรรมศาสตร์เเละการฝากร้าน ON GROUND
日時:2020年10月31日(土)〜11月1日(日) 12:00〜24:00
イベントFBページ:ธรรมศาสตร์เเละการฝากร้าน
タマサート大学マーケットFBグループ:มหาวิทยาลัยธรรมศาสตร์เเละการฝากร้าน

コメント