【PR翻訳】「カーサ・サッパロット」がジャルンクルン通りにオープン

プレスリリース翻訳

「Supanniga Eating Room」の4店舗目に続き、「Casa Sapparod」というレストランもジャルンクルン通りにオープン!
最近ジャルンクルン通りが盛り上がってますね〜。

こちらはパイナップルづくしのレストランだそうで、すごく特徴的!
しかもいろんな種類のパイナップルを使っているとのこと。パイナップル好きは行くしかないですね!

翻訳は以下からどうぞ。

パイナップルづくしのレストラン「カーサ・サッパロット」

日々変化を続けるバーンラックと川沿いの賑やかさを背景に「カーサ・サッパロット(Casa Sapparod)」ジャルンクルンソイ44にオープンしました。
店名の意味は「パイナップルの家」で、私たちはこの慎ましやかなフルーツに敬意を表して、サラダやソテー、ドリンクやデザートに至るまで、あらゆるメニューにパイナップルの魅力を添えています。

インテリアについて

トロピカルな雰囲気がレトロなデザインと融合する美しいインテリアは他に類を見ません。店内のすぐうしろには印象的なパイナップル柄の壁紙で装飾され、片方には床から天井まである窓、そしてもう片方には2つの大きな丸い窓があり、明るく風通しの良い空間となっています。
インテリアはテクスチャーとパターンを組み合わせたエクレクティックスタイルで、床のモノクロのタイルから、星柄で覆われたコンクリートのバーカウンター、金属製のバラがあしらわれたランプにヴィンテージ感のあるラグまで、店内のすべてのデザインがリラックスと快適な雰囲気を与えてくれます。

メニューについて

メニューには5つ以上の種類のパイナップルが使われ、それぞれの持つユニークな味と食感を生かしています。
ある料理では脇役だったパイナップルも、別な料理では主役となります。
たとえば前者の例でいうと「DIY Somtum」はまだ熟しきっていないプーケット産パイナップルを加え、スパイスの量を調節しながら全ての具材を自分で混ぜて食べます。

別の例を挙げると、宮廷料理にルーツを持つ夏の伝統的なメニューの「Kanom Jeen Sao Nam」。こちらは発酵させたライスヌードルをほどよくスパイスの効いた冷たいココナッツミルクスープでいただく料理ですが、これは茹でた海老のほか、干しエビの粉、ポメロ、ウズラの卵、プーケット産パイナップル、カフィアライム、ショウガ、シャロット、ニンニクといった食材を使ったスープとなっています。こちらの料理には付け合わせにパイナップルのグラニータがついています。

とは言いつつもシグネチャーはパイナップルチャーハンで、こちらは半分に切ったシラチャー産パイナップルの中に自家製のカレー粉で味付けしたナコンパトム産有機玄米のチャーハンを盛り付けた料理となっています。具は豚肉、鶏肉、シーフード、ベジタブルの中からお選びいただけます。
豚肉の場合は自家製ベーコン、豚トロ、チャイニーズソーセージを使用しています。

満足感のある一品をお望みであれば「Gaeng Phed Ped Yang」がおすすめです。こちらは地元産のローストダック、プーケット産パイナップル、サラが入った燃えるような辛さのレッドカレーで、煎ったスパイスがカレーに深みのある香りと風味を引き立たせる、他にはないタイカレーとなっています。
また、パッシーユーやガパオライスなどのパイナップル不使用メニューもご用意しております。

パイナップルの甘酸っぱさはデザートにぴったりの完璧な素材となります。
「Flambéed Pineapple」はザク切りした完熟シリトーンパイナップルを地元産ラム酒でフランベしてタイのスパイスを効かせ、自家製バニラアイスクリームを添えたデザートです。また「Pineapple Pudding」はパイナップルソースをかけたココナッツクリームのプリンにチュイールを添えてお出しします。

もちろんパイナップルはドリンクの主役としても優秀。
「Pineapple Juice of the Day」は毎日絞りたてのさまざまなパイナップルジュースをご提供しています。
また「Pineapple Kombucha」はパイナップルと発酵させたジャングルウーロンティーをブレンドした、さっぱりとした口当たりのドリンクです。
アルコールをお望みであれば、ピニャコラーダをレモングラス、ガランガル、カフィアライムでタイ風アレンジを効かせた「Tom-Kha-Lada」をぜひお試しください。


「カーサ・サッパロット」は毎日11:00〜22:00まで営業しております。

店舗情報

Casa Sapparod
55-57 Soi Charoenkrung 44 Bangrak, Bangkok 10500
Tel: 02-004-5727
Open daily 11:00 – 22:00
Email: contact@casasapparod.com
www.casasapparod.com
www.facebook.com/casasapparod
www.instagram.com/casasapparod

コメント